ネイティブを徹底比較し厳選 | スティーブ・ソレイシィフレーズをプレゼントするならココ~!

なのに!ものすごく為になります。CDや解説本はわかりやすく説明されていて満足です。続編の『英会話きちんとフレーズ100』も購入したいと思います。

こちらになります!

2017年06月18日 ランキング上位商品↑

フレーズ ネイティブ スティーブ・ソレイシィ英会話なるほどフレーズ100 ネイティブなら子どものときに身につける [ スティーブ・ソレイシィ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

1つの言葉が2ページにわけて説明されていますが!左ページが子供が使ったり!親しい人に対しての言葉!右ページが大人やキチンとした場面で使う言葉・という具合です。」の連続です。この本は!全く初めて勉強する人向きではないと思います。イラストつきなので分かりやすいです。ただ!海外旅行目的で英語を再勉強しはじめたわたしにはあまり必要に感じないフレーズもありました。学校で習った英文は失礼だったり命令口調が多かったりするのは知っていましたが!この本を読んで!この単語もそうだったのー!と改めてわかりました。つい!私などは拙い表現をしていたな!と反省しきりです。きちんとフレーズよりも読みやすい気がしました。CD付きなので正しい発音を聞けるのもいいですね。結構いけます。ちなみに!日本人は!「Please]の使い方を間違えているという内容です。pleaseは「どうぞ」ではなく「ください」に当たるとか、Shall I は丁寧すぎてあまり使わないとか、英語を話せるか英語で聞かれた時の、一番よい答え方、あと未来形についての為になる解説などが書いてありました。左のページに子供が使う簡単な表現、右のページには大人が使う表現が載っていて、使えそうです。本書は段階的に!BABY.KID.CHILD.PRETEEN.TEENAGER.と成長に合わせた表現が身に付けられます。とてもわかりやすいです。同居人と1日1〜2フレーズを毎日続けることにしてます。復習用かな〜全く初めての方はNHKの基礎からの方がいいと思います。CDがとても分かりやすいです。多くのフレーズは大人であっても普通に使っているものなので実際の会話に役立てられるでしょう。一つ一つが短めで使えそうな文章のようなのでよい買い物でした。勉強しようと思わないで、気楽に読める本です。今は付箋紙を使いまずは音読からスタート!基本フレーズと練習!応用と掲載されているので!実際の使い方を知ることができます。中学英語、あー!そーだった!・・・と思いだしながらCDを繰り返し聞いています。Amazonの英会話本No.1だけあって、内容いいです。CDには英語の読み上げだけでなく、日本語でその表現についての説明もあるので、楽しく聞けます。ただ私の英語力では!たまにその文が何でこうなるんだろう・・という??はありましたが!そのまま覚える事にします。また!大人ならこう言うという!GROW‐UPが見開きの右ページにありますので!解りやすいです。私たち世代は!今の子供たちと違って!英会話を体系的には勉強していない世代です。ただし、この本だけで英会話を話せるようになるといった類のものではありませんので、英会話学習に少し慣れた方がリスニングと併用するのがおすすめの使い方だと思います。とっても楽しく、簡単に気持ちが伝わる一言が身につきました。それでも、 久々の英語勉強には 値段も内容もGOODではないでしょうか。車の中で聞いているので 聞き流すだけでなくちゃんと声をだして練習しています。また、ONE MORE STEPもありますので、応用力もつきます。仕事用で!ちょっとしたフレーズがわかればと思い注文しました。だけど!こういうことを教えて欲しかったよー。欲を言えば!CDにエクササイズの例文の答えの音声も入れて欲しかったな。学校では習わないことばかり。あとはついつい例文を出されて難しく考えがちなんですが!こんな簡単でいいの??と思う事もほとんど!一通り全部読み終えましたが!本のタイトル通り「なるほど」と思いました。年齢毎に違う言い回しものっているので大人でも参考になると思います。とにかく買ってよかったです。日本人が間違えやすい所の説明があったり!その文のポイント説明があったり!この文にこう付け加えたら・・という風に書かれているのでわかりやすいです。。「BABY」「KID」「CHILD」「PRETEEN」「TEENAGER」のステージで分けられています。CDも付いてこのお値段、かなり使えるテキストだと思います。買ったのはいいのですが!中々手が出せないでいます😅とても分かりやすく!本とCDがリンクしていて学びやすいと思います。毎日聴いているうちに!まず相手の言っている言葉が分かるようになりました。英会話教室に通っていますが、初歩部分は独学前提なので役立ちます。最初の1ページ目から「そーなんだ。